トップページ > 美容健康 > 紫外線光が原因で日焼けするシステム

紫外線光が原因で日焼けするシステム

長い期間、紫外線光をあびていると日に焼けてしまう事は、おおよそのかたが理解しています。日に焼ける元凶になる太陽光は、いったいどういった物なのか。

紫外線光というのは、太陽の光の一つであり、性質をA波紫外線、B波紫外線、C波紫外線と大きく3つにわけることが出来ます。硝子の様な透明な物では、太陽光a波をさえぎることは出来なくて、皮ふへ到達してしまいます。ガラスごしに太陽光を受けていた時や、自家用車で外出を行う時でも、UVA波というのは浴びてしまうためサンタンするんです。

いっぽう、UVb波というものは雲で遮断できるから、曇りの日は、雨の日は減ってしまうんです。天気によって照射している量が違うUVの量というのは、此のUVb波なんです。

紫外線光C波が日焼けすることに関わりはないんです。なぜかというと、UVC波はオゾン層を通り抜けたりしないためなんです。

A波は、硝子を抜ける事が可能である為、お肌の奥にある真皮層にまで達するのですが、有害度合でいうのならb波程度ではないといいます。

肌の日焼けしちゃうことを考えると、室内でもUVを受ける為、いつも対策法をとる必要のあるUVです。肌の色が褐色になってしまう事が、色焼けの働きではじゃ無いのです。シミや肌のくすみが増えてしまい、肌のたるみや肌老化要因にもなるものなのです。

紫外線光で日焼けをしちゃうのは、皮ふを防ぐ為にメラニン色素を上昇させる、いわば防衛策です。黒く焼けた肌は健康的なイメージを人に与えるのですが、エイジングケアという視点で考えていると肌にとって良い事ではない訳で、日焼け対処法がだいじです。